お勧めの本

グリム童話 「こびとのくつや」

2014/08/18

みなさんこんにちは。

今日は久しぶりに絵本のお話です。

みなさんご存知、グリム童話「こびとのくつや」。

グリム童話「こびとのくつや」

この本ってイラストもとっても可愛くて、見ているだけで顔がほころんでしまいます(*^^*)

貧しく苦労していた靴屋の老夫婦のもとに こびとが現れて、夜な夜な素敵な靴を作ってくれました。そのおかげで たくさんのお客さんに喜ばれ、豊かになりましたとさ。

といった内容なのですが、うちの娘はこう言いました。

「お返しにと思ってせっかくこびとに服や靴を作ってあげたのに、それ着て履いて、こびとは出て行ってしまうっていう悲し~いお話やろ?」

悲しい話だなんていう印象は私の中にはなかったので、「人によってこんなに受け止め方が違うんだ。」と驚きましたし、きっと子どもにとったら「こびとがそばにいてくれる」ということが一番大事なんですね。

もしかしたら子どもの中では 親をはじめとする人間関係と こびとが重なっているのかも。

『何かをもたらして欲しいわけじゃなく、ただそばにいて欲しい。』

かわいい絵本から ミョーに深さを感じた私です。

ちなみにチョーチ・チョーチの靴を作ってくれているのは こびとさんではなく、整形外科靴などを手がける技術者さん。

ベビー靴の職人さんたち

みんな私より若いけれど(*^_^*)、パパさんもいます。

チョーチ・チョーチの靴が赤ちゃんの足のことをよく考えられていて高品質なのは、医療靴と同じ素材と技術で彼らが作ってくれているから。

私にとって、いえ きっと、笑顔になってくれる赤ちゃんやご家族にとっても、こびとさんに負けないくらいに魔法使いのような、ヒーローのような存在ですね☆

いつも感謝しています!これからもどうぞよろしくお願いします(^^)

そんな今日の記事もお読みくださったみなさんにも、心からありがとうございます!

これからもみなさんに、たくさんの幸せが訪れ続けますように!
祈りをこめて。chochi-chochi☆

ベビーシューズ商品一覧

※私と同じく、超未熟児ちゃんの育児経験から小さい赤ちゃん用の肌着・点滴用の肌着を製作・販売されているHappyFroggy.comさんはこちらです。≫

  にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
↑ ポチッと投票お願いします☆ ↑

-お勧めの本
-,