超未熟児育児日記

超未熟児なのに…ママは強烈楽天家!?

2017/06/27

■超未熟児育児日記その12
超未熟児育児日記
※この記事は2000年に924gの超未熟児を出産した代表の過去の育児日記を振り返り、加筆しながらご紹介しています。

退院してからも定期的な外来診察があり、その中でも一大イベントは耳とMRIの検査でした。

両方とも薬で眠らせて行う検査で、耳の方はヘッドホンで音を聞かせた状態で脳波を見て、ちゃんと聞こえているか判断するもの、MRIは脳の映像を見て異常がないか判断するものでした。

私は「耳もちゃんと聞こえゆうし、発達も順調やし、薬で眠らせてまで調べんでもどっこも悪くないって~。」と言い張っていましたし、 耳の検査の結果はやはり正常で、「ほらね!」と勝ち誇り?ましたが、MRI検査後の先生は、神妙な顔で私にこう話しはじめました。

「頭の骨から脳までの空間が広いですね。これが育ちゃんにとって正常範囲ならいいですが、脳が萎縮しているということも考えられます。

「脳が萎縮?」と?マークを放出していると、「簡単に言えば脳細胞がどんどん死んでいって、外側からペラペラになるんです。」ときたもんだ。簡単に言っちゃイカンでしょ!そんなこと。

言葉の選び方間違えてないか?と少し呆れながら「萎縮だった場合、言動に変化が現われたりするんですか?脳が縮んだからって、何か問題ありますか?」と聞くと、

「脳は真ん中にいくほど生命維持に関わる重要なこと、外側にいくほど難しい計算ができるかどうかとか、性格的なこととか、どうでもいいようなことに関わってきます。学校での成績が中の下くらいから上がれないというようなことはあるかもしれませんが、それ以上の深刻な問題はないでしょう。」という答えが返ってきました。

ちなみに先生は超未熟児で育ちゃんの2/3くらいの脳の大きさの子を知っているけど、何も問題なく成長しているとのことで、「きっとこれが育ちゃんの正常範囲だとは思いますよ。」と、私を気遣うように言ってくれました。

たぶんちゃんとした普通のママなら、「脳細胞が死んでペラペラ」なんてフレーズに頭が真っ白になったり、不安でたまらなくなったりするでしょうし、正常範囲なのか萎縮なのか、一刻も早くハッキリさせたいと思うでしょう。しかし私は先生の話の良いところだけを聞き、すっかり納得して、至って普通の精神状態でした。

「難しい計算なんて私もできんし、学校の成績で人の幸せが決まるわけじゃなし。でも、性格が悪かったらイヤやなぁ。。。」と、本心からそんな風にしか考えませんでした。

しかし、この話をパパにしたときも、おじいちゃんやおばあちゃんたちに話したときも、誰一人として不安そうなそぶりをみせたり能天気な私を批判しなかったので、もしかしたら私がポジティブだとか、大らかだとかいうことではなく、単なるB型気質なだけなのかもしれません。

楽天家一族
※このイラストは2002年頃にWindowsアクセサリのペイントを使い、数年後の家族の姿を想像してマウスで描いたものです。

そして小学6年生に成長した時点で、娘は芸術的センスや創作意欲が非常に高く、学力も相当な実力があると学校の先生に言われています。(←親バカ!)恐らく萎縮ではなかったのだと思いますが、私が能天気かどうかに関係なく、とにかく至って健康に成長している育ちゃんなのでした。

この次は「超未熟児・育ちゃん育児は甘くない!?」へ続きます。≫

こちらに超未熟児で生まれた娘の成長アルバムを載せています。写真公開を嫌がる年頃になったので小学校低学年くらいまでのものですが、2017年現在、元気な女子高生です♪

↓自身の育児経験をもとに作りました。↓
ベビーシューズ商品一覧

モナコ公室双子のロイヤルベビーちゃんご愛用の日本製・高知製ベビーシューズ

出産祝いやベビーギフトに感動される「タイムトラベルボックス」
出産祝い・ベビーギフトに。感動と価値の続く「タイムトラベルボックス」


※チョーチ・チョーチは協会推薦シューズ&認定「足育アドバイザー」です。

超未熟児育児日記

※私と同じく、超未熟児ちゃんの育児経験から小さい赤ちゃん用の肌着・点滴用の肌着を製作・販売されているHappyFroggy.comさんはこちらです。≫

  にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
↑ ポチッと投票お願いします☆ ↑

-超未熟児育児日記
-,